Maxima command

How to install Maxima

wwwで検索すると Maxima Download 現在の最新バージョンは 5.43.0:May 31,2019のようですが、私は多分古いままです。
$ brew maxima
maxima 5.43.0 installed.
リンク
Maxima 本家
maxima入門
計算機基礎A Maxima入門  京都産業大学
に詳しく書いてあるがインストール後一番重要なことは 以下の二つだ。

重要
起動 > maxima
終了 %i) quit();



Maximaは使えばわかる。gnuplotもMaximaをインストールするだけでokだから 使い勝手がいい。 どんなに優秀な機械でも使い方が悪いと駄目だ本webでは入力のミスで 思わぬ結果が出力されてしまう失敗例も記す。 Maximaでグラフを作り完成品として扱う前に、gnuplotでx,yrangeなどの設定を調整してからの方が 良いかもしれない。 グラフについてはgnupltを参照のこと
-->:失敗事例
==>:成功事例

数式計算 分数計算
因数分解
微積分
グラフ
多機能 Mupadにしのぐ

終了 quit();

セミコロンが必ず必要

in out => %i) %o)

計算例

[1]-------------- 四則演算
i) 1+2;
o) 3

[2]---------------- 分数
i) 3/6;
o)
    1
——
    2

以下 当webでは上記例は 1/2 と出力結果のみ記す。


[3]---------------- 小数点表示
i )float(%);
o) 0.5
(%)は一つ前の結果[o2]の意味である

[4]---------------- 因数分解
i) factor(x^2 -9);
o) (x-3)(x+3)

[5]---------------- 展開
i) expand((x-3)*(x+3));
*を忘れずに!
o) x^2-9

* 忘れたら別の答えになる i) expand((x-3)(x+3)); --> o) x - 3(x + 3)

[6]---------------- 方程式の解
i) solve(x^2-9); ==> o) [x = - 3, x = 3]
i) solve(x^2-4*x+6); ==> o)[x = 2 - sqrt(2) %i, x = sqrt(2) %i + 2]
* 忘れたら別の答えになる i) solve(x^2-4x+6); --> incorrect syntax: x is not an infix operator solve(x^2-4x + エラーが出た! ^

[7]-------------------- 微分計算
i) diff(x^3-2*x^2+46*x-99); --> o)(3 x - 4 x^2 + 46) del(x) 何の変数で微分するのか指定してない例 失敗
i) diff(x^3-2*x^2+46*x-99,x); ==> o) 3 x - 4 x^2 + 46 xで微分するように指定するときちんと出力する


[8]-------------------- 不定積分
積分も微分同様入力ミスが多くなりやすい。まずはxと係数の間の*が抜けてしまった例
i) integrate(x^3-4x-9,x); --> incorrect syntax: x is not an infix operator integrate(x^3-4x-
指定ミス
i) integrate(x^3-4*x-9); --> integrate: expected at least 2 arguments but got 1: [x - 4 x - 9] -- an error. To debug this try: debugmode(true);

正しく入力された例
i) integrate(x^3-4*x-9,x);==> o) x^4/4-2x^2-9x


integrate(f(x),x,0,10); 0-10までの定積分

x:matrix([a,b,c],[d,e,f],[g,h,i]);
xに行列
[ a b c ]
[ d e f ]
[ g h i ]
を作る

x*y x/y x+y x-y x.^2(matrix only)
rank(x);
invert(x);

next_prime(2^1000); 2^1000の次の素数

plot2d(sin(x),[x,0,2*%pi]);


Function関数の定義

(%i27) f(x,y,z):=30.8*x*y/(1000*z);
30.8 x y
(%o27) f(x, y, z) := --------
1000 z
(%i28) f(1,1,1);  変数の場所にデータを入れれば計算する

(%o28) 0.0308
(%i29) f(10,20,30);
(%o29) 0.2053333333333333
(%i30)


照度計算
部屋指数 R=x*y/(h*(x+y))

r(x,y,h):=x*y/(h*(x+y));

r(108,30.8,7.5);

=====計算例====
(%i30) r(x,y,h):=x*y/(h*(x+y));
x y
(%o30) r(x, y, h) := ---------
h (x + y)
(%i31) r(108,30.8,7.5);
(%o31) 3.195389048991355
(%i32) r(100,45,7.5);
(%o32) 4.137931034482759
(%i33)

E=F/(x*y)*U*M*N [lx] より照度を求める





マトリクス計算
(%i3) x:matrix([a,b,c],[d,e,f],[g,h,i]);
                    [ a b c ]
                    [         ]
(%o3)          [ d e f ]
                    [         ]
                    [ g h i ]
(%i4) 1/x;
                    [ 1 1 1 ]
                    [ - - - ]
                    [ a b c ]
                    [         ]
                    [ 1 1 1 ]
(%o4)           [ - - - ]
                    [ d e f ]
                    [         ]
                    [ 1 1 1 ]
                    [ - - - ]
                    [ g h i ]
                   
このように出力するが、htmlでこの空白をきちんと組み込むのは僕のスキルでは、無理 というか面倒なので省略して描きます。




home